妊娠初期のつわりの症状と対策!時期はいつからいつまで?

つわり

つわりとは妊娠初期~安定期にかけて

起こる吐き気や嘔吐のことです。

 

つわりの時期になると、

いつまで続くかわからない苦しみを

永遠と味わうことになります。

 

吐いても吐いても

吐き気が続きます。

 

この記事では

つわりの症状・時期・対策

などについてまとめています。

妊娠初期のつわりの症状

吐き気

特に吐き気を感じやすい

3つの原因があります。

 

食事

今まで好きだった食べ物が

嫌いになるくらい

食の好みが変化します。

 

空腹

空腹になると

気分が悪くなることが多くなります。

 

におい

今まで大丈夫だったにおいが

急にダメになり、気分が悪くなります。

その他の症状

●眠気

●頭痛

●腹痛

●唾液がたくさん出る

●イライラする

●気力や集中力が低下する

●つかれやすい

●貧血・めまい

つわりの時期はいつからいつまで

つわりの時期は個人差があって

人によって全然違います。

 

妊娠4~6週から始まり、

妊娠12~16週

終わる人が多いです。

 

つわりのピークは

妊娠8~11週くらいに

迎えることが多いです。

つわりの症状が軽い人はどんな人?

つわりの症状は人によって全然違います。

 

長く苦しみ続ける人もいれば

ほとんど苦しまない人もいます。

 

どんな人が軽い症状なのか

というのはハッキリと

わかっていないのですが、

健康的な人に多いみたいです。

 

色んなところで言われていることですが、

●食事

●睡眠

●運動

●ストレス

は大事だということです。

つわりの対策

食べ物の栄養

つわりの時は栄養よりも

食べられるものを食べるようにしましょう。

 

栄養に関しては

サプリメントに頼りましょう。

 

妊娠中は葉酸の摂取が大事だ

って知ってましたか?

 

葉酸は赤ちゃんに必要な

栄養素と言われています。

 

葉酸を十分に摂取することによって

懐妊率が高くなったり

排卵障害の可能性が低くなったり

という研究結果が出ています。

 

厚生労働省は2000年から

妊娠を計画している女性に対して

1日当たり0.4mg(400μg)以上の

摂取を推奨しています。

 

妊娠初期に葉酸を摂取することで

神経管閉鎖障害のリスクを

低減してくれます。

 

神経管閉鎖障害とは

赤ちゃんの脳や脊髄を形成するときに

正常に形成されないことによって

おこる先天異常のことです。

 

葉酸サプリには

葉酸以外にビタミンが

豊富に含まれているので

栄養に関しては安心です。

 

葉酸サプリに関しては

こちらの記事がオススメです。

ベジママとベルタ葉酸サプリを比較してみた!あなたに合うのはどっち?

空腹

つわりで苦しんでいるときは

空腹に気をつけないといけません。

 

空腹の期間を無くすために

1回の食事量を減らし、

回数を増やすようにしましょう。

 

朝起きた時は気分が悪くて

食べ物を取りにいけない!

ということもあります。

 

寝る前に手に届く範囲に

食べ物と飲み物を用意しておくと

すぐに食べることができます。

 

外出する時は空腹にならないように

アメやガムなどを

持ち歩くといいでしょう。

 

カロリーが気になる場合は

シュガーレスの方がいいですね。

無理をしない

つわりの時は1人で乗り切るのは大変です。

 

家族や友達に協力してもらいましょう。

 

家事も頑張り過ぎないようにしてください。

つわりの時に食べやすい食べ物一覧

●ヨーグルト

●ゼリー

●プリン

●冷たい麺類

●フルーツ

●野菜スープ

●おかゆ

●トマト

●フライドポテト

●アイスクリーム

●冷奴

つわりの時に飲みやすい飲み物一覧

●炭酸飲料

●薄めたフルーツジュース

●スポーツドリンク

●飲むヨーグルト

●ヤクルト

 

つわりの時は飲めるものを

飲むのが良いんですが、

できれば糖分は少ない方がいいです。

 

あと、冷たい飲み物を飲みすぎると

体を冷やしてしまい、

胃腸に負担がかかります

まとめ

つわりは短時間で終わる

出産より苦しかった!

という感想の人が多いです。

 

つわりで苦しむ期間は長いですが、

必ず終わりが来ます

 

これから生まれてくる

赤ちゃんのことを考えながら

何とか乗り切っていきましょう。

 

苦しみの後に、

すばらしい幸せが待ってますよ!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)