赤ちゃん用オーガニック日焼け止めのおすすめは?市販は危険?

152127

赤ちゃんに日焼け止め対策は必要なの?

って思っていませんか?

 

昔と違って

今は紫外線が強くなっているので、

ある程度の紫外線対策は必要です。

 

赤ちゃんの肌は

大人の肌に比べてデリケートです。

 

子供の頃に紫外線を浴びすぎると

大人になってから

皮膚がんになりやすい

と言われています。

アロベビー UV&アウトドアミスト

市販の日焼け止めは危険?

市販の日焼け止めに

「紫外線吸収剤」

が含まれているものがあります。

 

紫外線吸収剤は

紫外線を防ぐ力は強いのですが、

肌への負担が大きいです。

 

赤ちゃんに使う場合は

刺激の少ない

オーガニック日焼け止めが

おすすめです。

SPFとPAって何?

日焼け止めでよく聞く

SPFとPAって

何のことだか知っていますか?

 

SPFとは

●Sun

●Protection

●Factor

の略で

紫外線防止効果を意味します。

 

SPFの数字が大きいほど

紫外線を防ぐ効果が高いです。

 

しかし、

良いことばかりではありません。

 

SPFの数字が大きいほど

肌への負担が大きくなります。

 

次にPAですが

●Protection

●Grade

●of

●UVA

の略で

紫外線A波を防ぐ

効果の程度を表しています。

 

PAの+が多いほど

紫外線A波を防ぐ効果が高いです。

赤ちゃん用オーガニック日焼け止めのおすすめは?

赤ちゃん用の

オーガニック日焼け止めで

おすすめなのは

アロベビー

UV&アウトドアミストです。

 

アロベビーの日焼け止めは

●紫外線吸収剤を使っていない

●お湯で洗い流せる

●ミストタイプ

●虫よけも兼ねている

●ディートが含まれていない

●純国産

●肌への刺激が少ない

といった特徴があります。

 

ディートというのは

虫よけスプレーに

含まれていることが多いです。

 

ディートはピレスロイド系農薬で

赤ちゃんには危険な成分です。

 

ディートは多くの

虫よけスプレーに含まれています。

 

あなたが持っている

虫よけスプレーを見てください。

 

生後6カ月未満の

子どもには使用しない

という注意書きはありませんか?

 

アロベビーの日焼け止めは

赤ちゃん用に作られているので

赤ちゃんにやさしい

日焼け止めとなっています。

アロベビー日焼け止めの詳細を見る

赤ちゃんの日焼け止めっていつから使うの?

赤ちゃんの日焼け止めって

いつから使うのが良いんでしょうか?

 

これは皮膚科の先生によっても

意見が分かれています。

 

だいたい生後3ヶ月~6ヶ月後から

使っている人が多いみたいです。

 

使わないといけない時期は

赤ちゃんが自力で

歩けるようになった時です。

日焼け止め以外の対策法は?

日焼け止め以外にも

紫外線対策はあります。

 

帽子

帽子はつばが

大きめのものがいいです。

 

嫌がられたら

別のかわいい帽子を

試してみてください。

 

帽子は紫外線だけじゃなく

熱中症対策にもなります。

 

ベビーケープ

UVカット効果のある

ベビーケープを使うと、

虫よけ対策や

冷房対策にもなります。

 

あとは、

長袖の服を着せてあげるとか、

紫外線の強い

午前10時~午後2時までの

外出を避けるとかですね。

 

今は本当に紫外線が強くなっています。

母子手帳から「日光浴」を

推奨する言葉が無くなっていることを

あなたは知っていますか?

まとめ

●赤ちゃんの肌はデリケート

 

●生後6ヶ月までは

できるだけ日焼け止め以外の方法で

日焼け対策をする

 

●赤ちゃんに虫よけスプレーを使う時は

ディートを含まないものを使う

赤ちゃん用日焼け止めはこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)