パンプスの臭いの取り方!3つの原因と8つの消す方法!

086748

パンプスを履くと蒸れて足が臭くなりますよね。

 

仕事で夏もパンプスにストッキングを履かないといけなくて、座敷などで靴を脱がないといけない時は最悪です。

 

余裕がある時はトイレに行って、消臭スプレーやウェットティッシュなどで拭いたりできますが、行けない時もあるし大変です。

 

この記事ではパンプスの臭いの原因と取り方について書いています。

ティノン

パンプスの臭いを取るには臭いの原因を知る必要があります。

 

足の裏は汗腺が多いので汗の量が多いです。

 

汗に雑菌が混ざることによってあのイヤな臭いになるんです。

 

雑菌が増えるには靴・靴下・足の3つの原因があります。

 

サンダルや通気性の良いスニーカーなどは蒸れにくいですが、ブーツは蒸れやすいので雑菌が増えやすいです。

 

パンプスは本革よりも合皮の方が蒸れやすいです。

 

靴下

靴下を履かずに靴を履いてしまうと、足の裏の汗が吸水できないので足が臭くなりやすいです。

 

靴下は5本指の靴下が良いです。なぜ5本指が良いのかというと指の間の汗を吸ってくれるからです。

 

ストッキングは吸水性が悪いので5本指がオススメです。

 

アツギの5本指ストッキングは使い心地が良いですよ。

アツギの5本指ストッキングの販売ページはこちら

 

お風呂に入った時に、足をきれいに洗わなかったり、お風呂から出た後に、足の水分をちゃんと拭かなかったりすると、雑菌が増えてしまいます。

 

パンプスの臭いの取り方

中敷きを使用する

中敷きを使用する理由は足裏の汗を吸水してもらうためです。

 

中敷きを選ぶ時に大事なポイントは消臭通気性抗菌低反発です。

 

パンプスの中の汚れを拭く

長時間履いた後のパンプスは湿気と細菌でいっぱいです。

 

布やティッシュに消毒用エタノールを軽く含ませ、パンプスの中を拭いて汚れを取りましょう。

 

革の色が変わるかもしれないので、革の部分には触れないように気をつけてください。

 

パンプスを乾燥させる

新聞紙乾燥剤使用済みカイロをパンプスの中に入れると乾きやすくなります。

 

新聞紙はインクが移る可能性があるので、いらなくなったストッキングの中に入れるのがいいです。

 

ドライヤーで乾かすのは傷んだり、型くずれの原因になるのでやめてください。

 

パンプスの脱臭

重曹十円玉エッセンシャルオイルを軽く含ませた布やティッシュをパンプスの中に入れると脱臭効果あります。

 

足の臭いの取り方

足を丁寧に洗う

石鹸を使って指の間や爪の間など細かいところまで丁寧に洗います。

 

流すときに指の間に石鹸が残らないようにしましょう。

 

足を丁寧に拭く

マットで軽く拭くだけでは指の間の水分まで拭けていません。

 

足湯

お酢や重曹を入れた40℃くらいのお湯に足をいれると脱臭効果があります。

 

消臭クリームを使う

色々と対策法を紹介してきましたが、臭いの元になっている足の臭いを改善してしまえば、これからのケアが楽になります。

 

消臭クリームはいくつか販売されていますが、一番いいのは足の臭いに特化している消臭クリームです。

 

脇の臭いは「アポクリン汗腺」という汗腺からでる汗が原因ですが、足の臭いは「エクリン汗腺」という汗腺から出る汗が原因です。

 

ということで、足の臭いを改善したい場合は、体中の臭い全てに効果のある消臭クリームより、足の臭いに特化した消臭クリームの方がいいんです。

 

足の臭いに特化した消臭クリームの中でオススメは「ティノン」です。

 

ティノンは無添加日本製医薬部外品と安心できる商品です。

 

よく売れていて、満足度の高い商品なので、チェックしてみてください。

ティノンの詳細はこちら

 

まとめ

パンプスの臭いが気にならなくなると、靴を脱ぐ時も安心して脱げます。

 

消臭方法はいっぱいあるので、どんどん試していきましょう!

 

何を試しても効果がなかった人の参考になればうれしいです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)