起立性調節障害の子供の治し方!学校に行きたくないのはどうする?

●朝起きられない

●めまいがする

●頭が痛い

●吐き気がする

 

起立性調節障害の子供は

ツライ症状により学校に行きたくない

と思ってしまいます。

 

親に理解してもらえずに

起立性調節障害で悩んでいる子供は多いです。

 

起立性調節障害という病気を知って、

治し方を実践して、

少しでも症状をやわらげてあげてください。

起立性調節障害とは?

起立性調節障害とは自律神経が乱れてしまう病気です。

 

起立性調節障害で悩む人は

中学生や高校生が多く、

男子より女子が多いです。

 

起立性調節障害の人は午前中に

●起きられない

●めまい

●吐き気

●頭痛

●腹痛

などといった症状が見られます。

 

午後になってくると、改善することが多いです。

 

こういった症状なので、

理解してもらいにくい病気です。

起立性調節障害の治し方

完全に治すのは難しいですが、

症状がやわらぐだけでも

全然違ってくるので試してみてください。

寝る前にブルーライトを浴びない

ブルーライトを浴びると

眠りを誘うメラトニンの

分泌量が減るので、

睡眠のリズムが崩れてしまいます。

 

ブルーライトは若い人ほど

影響を受けやすいと言われています。

 

就寝の2時間前からは

スマホ・ゲーム・テレビ・パソコン

などを使わないようにしましょう。

寝る時間を少しずつ早める

早く起きるには早く寝るのがいいと言われています。

 

しかし、急に寝る時間を早くするのは難しいです。

 

30分ずつ早めていって、

22時に就寝できれば理想です。

塩分を多めに摂る

起立性調節障害の子供は血圧が低く、

塩分量が足りていないことがあります。

 

起立性調節障害の子供の

塩分摂取量は10gが理想です。

L-テアニンを摂取する

最近、起立性調節障害のサポートとして

L-テアニンという成分が注目されています。

 

臨床試験で証明されて、

医学雑誌に掲載されています。

L-テアニンの詳細はこちら

散歩をする

30分くらいの散歩をすることで、

自律神経が発達し、ストレス解消にもなります。

学校に行きたくない子供をどうすればいい?

学校に行きたくない子供は

無理に行かせようとすると、

苦しめることになります。

 

学校の先生と相談して、

フォローできるところはしてあげましょう。

 

起立性調節障害はストレスも関係していて、

内気で自分で悩みを抱え込む人の方が

起立性調節障害になりやすいです。

 

 

無理をせずに出来ることを

コツコツと続けていくのがいいと思います。

 

子供とよく話し合って、

少しずつ改善していきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)