過敏性腸症候群の薬以外の治し方!下痢の時におすすめの食べ物は?

512977

過敏性腸症候群とは?

こんな悩みはありませんか?

☑電車、・バスには乗りたくない

☑トイレの位置が分からないと不安

☑他人の家にお泊りできない

 

過敏性腸症候群の症状は

ガスが溜まりやすく、

腹痛を伴う下痢が長く続きます。

 

若い男性に多く見られます。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因は

●ストレス

●食事

●睡眠

などが大きく影響しています。

 

腸と脳は大きく関係しています。

 

腸には脳と同じ神経が

多く分布していて

自律神経でつながっています。

 

脳が感じた不安やプレッシャーが

自律神経から腸に伝わり、

運動異常を引き起こします。

 

過敏性腸症候群は下痢だから

と軽く見られがちです。

 

しかし、放っておくと、

うつなどの精神的な

病気になってしまいます。

 

1番良いのは環境を変えることです。

 

環境を変えたことで

治ったという人はたくさんいます。

 

でも、環境を簡単に変えられない!

という人はいっぱいいます。

 

ということで、

環境を変える方法以外の

過敏性腸症候群の

治し方を紹介します。

過敏性腸症候群の治し方

下痢止めの薬に頼っている人も

多いと思いますが、

薬だと一時しのぎにしかなりません。

 

また、無理に下痢を止めるのは良くない

と考える人が多くなってきています。

 

過敏性腸症候群を治すには

根本的に身体の中を

変えていくのが1番良いです。

ビジネス2

不安を無くす

不安が腸に与える影響は大きいです。

 

早めに起きてトイレに行く

という習慣がつけば

外に出ても安心できます。

 

「トイレに行ったから大丈夫」

という自信を持ちましょう。

 

電車に乗ってドアが閉まったら、

急にトイレに行きたくなるのは

不安になるからです。

 

一度トイレに行っているから大丈夫

と脳に言い聞かせましょう。

 

これが一度上手くいけば自信になり、

次は初めから不安が少なくなります。

下痢の時の食べ物と飲み物について

下痢の時は、できるだけ腸を

刺激しない食べ物が良いです。

 

食べる時のコツは

胃に多くの食べ物を入れないように

少しずつ数回に分けて食べることです。

 

また、よく噛むことは

ストレス解消に効果があります。

 

下痢の時は飲み物も大事です。

 

昔は水分を補給しない方がいい

と言われていましたが、

最近は脱水症状にならないために

水分を補給したほうがいい

という考えが多くなってきています。

 

塩分も不足しがちになるので

スポーツドリンクなどで

塩分も同時に摂ると良いです。

 

それでは、下痢の時に

控えたほうがいい

食べ物と飲み物を紹介します。

 

●脂質が多い

●冷たすぎたり熱すぎるもの

●香辛料

●カフェイン

●炭酸飲料

●アルコール飲料

 

次に下痢の時に食べたほうがいい

食べ物を紹介します。

 

 

●はちみつ

●バナナ

●りんご

●人参

●じゃがいも

●うどん

●豆腐

●ヨーグルト

●おかゆ

●白身魚

 

他には腸内環境を整えてくれる

サプリメントを飲むのも良いです。

 

日本一売れているオリゴ糖の

「カイテキオリゴ」を作っている

北の達人コーポレーションが

腸内環境を整えるための

サプリメント「黒梅日和」

を開発しました。

黒梅日和に関しては

こちらの記事にまとめています。

黒梅日和の成分と飲み方!最安値で買えるのはどこ?

まとめ

過敏性腸症候群に悩んでいる人は

常にお腹のことを気にしています。

 

しかし、改善して幸せな生活を

送れるようになった人はたくさんいます。

 

あなたの症状も良くなるといいですね。

 

いきなり色々と

変えていくのは大変なので、

少しずつ向き合っていきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)