カテキンジャスミン茶を安く購入できる販売店と効果的な飲み方を紹介!

あの伊藤園から発売された脂肪とコレステロールの吸収を防ぐ、おいしいトクホ茶です。

 

内臓脂肪面積の低下、悪玉コレステロールが低下する効能があり、誰でも知っている伊藤園から発売されたとあって注目度が高く、ダイエット効果も期待できることから今話題となっています。

 

そんなカテキンジャスミン茶を徹底解剖!ぜひ参考にしてみてください!

カテキンジャスミン茶

 

24本入りなので、1本あたり118円です。

 

カテキンジャスミン茶の効果的な飲み方は?

カテキンジャスミン茶には脂肪やコレステロールの吸収が抑えられる働きがあるので、食前食事中食後に飲むと良いですよ。

 

また脂肪の燃焼を助けてくれる働きもあるので、運動の前運動中運動した後にも飲むとより効果的です。

 

さっぱりしていてのど越しもさわやかなので、食事にもピッタリだし運動しているときでもすっきりと飲むことが出来るのが嬉しいですね。

 

カテキンやジャスミンが持つ殺菌・消臭効果によって食事の際、例えばニンニクなどの匂いに対して口臭予防に効果的です。

 

カテキンジャスミン茶を飲むときの注意点!

脂肪の吸収とコレステロールの増加を防ぐカテキンジャスミン茶ですが、飲むにあたって注意点がありますので覚えておきましょう。

 

カテキンジャスミン茶にはカフェインが含まれています。

 

カフェインは集中力を上げる、皮下脂肪の燃焼、利尿作用、眠気撃退などの効果があります。

 

しかし、一日の摂取量が過剰になると寝つきが悪くなったり、めまいや頭痛を引き起こす可能性があります。

 

カフェインは一日当たり400mgが上限とされています。

 

カテキンジャスミン茶にはカフェインが45mg入っています。

 

伊藤園の公式HPでは1日当たり(1本350ml)2本飲むことが勧められていますので、2本飲んだとしてもカフェインは90mgとなるので上限には届きませんね。

 

とは言ってもそのほかの飲み物をまだ飲むことも考えられ、そこでカフェインを摂取する可能性も考えると余裕をもってやはり1日2本に留めておくことが最適ですね。

 

目安が設定されているなら、守っていれば問題ありませんのでご安心を。

 

カテキンジャスミン茶にデメリットはある?

デメリットというか注意点でもあるのですが、カテキンジャスミン茶にはカフェインが含まれています。

 

カフェインは妊娠中に取るとカフェインを分解するのに時間がかかり、胎盤を通して赤ちゃんにそのまま移行しやすくなります。

 

すると早産や死産、低出生体重児、発達障害の原因になると考えられています。

 

またカテキンジャスミン茶に含まれているタンニンには鉄分の吸収を妨げる働きがあるので、貧血になりやすくなってしまいます。

 

妊婦さんはコーヒーや紅茶を控えるように言われていますよね。それと同じです。

 

赤ちゃんの成長に悪影響が及ぶ可能性を高めてしまうので、妊婦さんは避けるようにしましょう。

 

また、飲みやすく作られてるとはいえ、ジャスミンの香りが苦手な人には飲むときに香りがするので飲むのが辛いと感じる方も居ます。

 

人によっては苦味が強いと感じて飲みにくさを感じる人も居ます。

 

飲んでみないとわからないですが、まずジャスミンの香りが苦手だったりお茶の渋みが苦手な人にはあまり向いていませんね。

 

他にも、カテキンジャスミン茶は飲み続けることで効果を得られるものなので、即効性を求めている方にはあまり向いていません。

 

たった1本飲んだだけで効果を得ようなんて甘い甘い!

 

あくまでもお茶なので、薬のような即効性は求めてはいけません。

カテキンジャスミン茶の詳細はこちら

 

カテキンの効能は?

緑茶は昔から日本人になじみ深い飲み物ですよね。私も毎日飲んでいます。

 

もともとは中国から伝わったもので、日本には江戸時代に庶民に広がったとされています。

 

緑茶に含まれている緑茶カテキンはダイエット効果があるとして最近は大注目されています。

 

それは渋み成分であるカテキンに秘密があります。

 

カテキンは殺菌効果があり、食中毒の原因となる腸炎ビブリオ菌や黄色ブドウ球菌は緑茶を飲むと死滅するとされており、食中毒予防に最適なんです。

 

またコレステロールを抑える働きがあり、血糖値の上昇を穏やかにする働き、感染症や虫歯予防にも効果的なんですよ。

 

糖や脂肪の吸収を抑える働きもあって、ダイエット効果があると言われているのですが、ただお茶を飲んでいればダイエットできるというわけではありません。

 

緑茶カテキンは脂肪の吸収を抑えて、糖質や脂質をエネルギーに変えやすい状態にしてくれるので、お茶を飲むことに加えて運動を取り入れるとダイエット効果がアップするんです。

 

ほとんど運動しない人でも体脂肪や体重が減ることもありますが、運動をプラスするとより効果が期待できるということですね。

 

ジャスミンの効能は?

ジャスミン茶は健康と美容にもいいとして知られています。

 

ではジャスミン茶について詳しくお教えしましょう。

 

ジャスミン茶は中国からやってきたお茶で、実はウーロン茶よりも日本に入ってくるのが早かったんです。

 

そんなジャスミン茶にはベンデルアセテート、タンニン、カフェインなどの成分が含まれています。

 

ベンデルアセテート

ベンデルアセテートには脂肪燃焼効果や脳にリラックスを与える効果があります。

 

そのためストレスが溜まっているな~と感じた時に飲むと気持ちが落ち着くんです。

 

気持ちが不安的になりやすい女性にピッタリですね。

 

脂肪燃焼効果はダイエットに最適です。

 

またPMSの軽減効果もあります。

 

リラックス効果があるので生理前にやってくるあの不快感を和らげてくれるんですね。

 

またホルモンバランスを整える働きも持ち合わせているので、生理不順や更年期にも効果的です。

 

テアニン

テアニンは集中力アップに効果的で、ストレス緩和にも効果があります。

 

集中したい!と思っているときに飲むと気持ちが切り替わって集中しやすくなりますよ。

 

タンニン

タンニンに含まれているカテキンには抗酸化作用があり、カテキンは生活習慣病を予防することに期待が持てます。

 

抗酸化作用があることでコレステロールが増えるのを抑制したり、血糖値が上がるのを抑えることが出来ます。

 

カフェイン

カフェインは脂肪の燃焼と脂肪が蓄積されるのを防ぐ働きもあり、ダイエットにも効果的ですね。

 

カロリーもないので安心して飲むことが出来るんです。

 

カテキン

カテキンには強い殺菌力消臭力もあるので、口臭や体臭の予防に効果的です。

 

ジャスミン自体も香りが強いので、ニオイを抑えるためにピッタリですね。

 

それにアルコールの解毒作用もあるので、前日お酒を飲みすぎて二日酔いだ・・・なんて日にもいいですね。

 

解毒作用だけでなく鎮痛効果もあるので、二日酔いからくる頭痛にも効果を発揮してくれます。

 

その他

他にもビタミンCビタミンEミネラルが含まれており、ビタミンCは美白効果があります。

 

ビタミンEはお肌のハリ・ツヤに、ミネラルは美肌効果があります。

 

先ほど挙げたホルモンバランスを整える働きの相乗効果で、ホルモンが整えられると気持ちが安定し、肌荒れ改善や便秘の解消にも繋がります。

 

内臓脂肪が増えるとどうなるの?

カテキンジャスミン茶は内臓脂肪を減らす働きがありますが、内臓脂肪が増えるとどうなるか知っていますか?

 

内臓に脂肪が必要以上に溜まると、高血圧や高血糖、脂質異常などの発生リスクが高まるため、油断は禁物なのです!

 

日本ではお腹周りが男性は85㎝、女性は90㎝を超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに該当するとメタボリックシンドロームと診断されます。

 

最近の健康診断では結構皆さんが気にしていることですよね。

 

また、メタボリックシンドロームいわゆるメタボの診断には、内臓脂肪の蓄積が必須条件となっているのです。

 

メタボと診断される基準はウエストのサイズです。

 

ウエストサイズを測ることは内臓脂肪がたまっている状態を知るための目安となります。

 

内臓脂肪面積100㎠に当たるウエストサイズがメタボとなるのですが、男性は85㎝以上、女性は90㎝以上が内臓脂肪面積100㎠に該当するとしてメタボと診断されるんです。

 

ちょっとお腹周り、測ってみたくなりますよね。

 

ウエストサイズならば自分で測ることが出来るので試してみるといいですよ。

 

メタボを放置していると動脈の内腔が狭くなって血行不良となり、動脈硬化の可能性が高くなります。

 

動脈硬化は心臓病や脳卒中のリスクを高めてしまうので、メタボを予防する・改善することはとっても大事なことなんです!

 

だから内臓脂肪を減らす必要があるんですね。

 

悪玉コレステロールって何?

健康診断などを行うと「コレステロール値が高い」などといった診断結果が出る方、結構いますよね。

 

悪玉コレステロールは細胞膜を作ったり、筋肉を作るホルモンの原材料、栄養分の分解など、悪いことをしているばかりではなくしっかりと働いてくれているんです。

 

名前に「悪」って入っているだけで何となく悪者だと思ってしまいますよね。

 

なんだか可哀そう、悪玉コレステロール。根っからの悪者ではないんですよ。

 

しかし、悪玉コレステロールが増えすぎると血管に溜まって動脈硬化のリスクを高めてしまうんです。

 

悪玉コレステロールを高める要因としては、食生活や生活習慣、遺伝、病気などが原因で高くなってしまいます。

 

炭水化物や糖質を摂りすぎると肥満の原因となって中性脂肪を増やし、中性脂肪が増えるとそれに伴って悪玉コレステロールが増えてしまいます。

 

中性脂肪が増えて悪玉コレステロールも増えると肥満となり、それが進行するとメタボに繋がってしまうので悪玉コレステロールを減らす必要があるんです。

 

まとめ

大手の伊藤園から発売されているだけあって、期待も大きく信頼が持てますよね。

 

食事の際などに取り入れるだけで脂肪やコレステロールに効果的なので、とっても手軽です。

 

普段の生活習慣を見直しつつ、生活に取り入れることが理想的ですね。

 

最近は健康診断も厳しいし、早めに対策をしておけば健康診断も不安なまま挑まなくて済みますよ!

 

堂々と健康診断を受けられるように、今のうちからカテキンジャスミン茶で対策してみませんか?

カテキンジャスミン茶を試してみる

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)