偏頭痛の市販薬の値段一覧!効かない時はどうすればいい?

559213

偏頭痛の市販薬っていっぱいあるから

整理しきれないですよね?

 

今、販売されている市販薬を調べて

値段や効果についてまとめました。

 

市販薬が効かない時は

どうすればいいのかについても

紹介しています。

偏頭痛の市販薬の値段一覧

値段は全て税込で

1回分の値段の小数点は

切り捨てとなっています。

 

偏頭痛の市販薬の成分は

●ロキソプロフェン

●イブプロフェン

●アスピリン

●アセトアミノフェン

の4つがメインです。

 

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは2011年に

市販薬として認められた成分です。

 

効き目が強いんですが、

胃が荒れやすくなる

という副作用があります。

 

非常に強い薬なので

●空腹時

●15歳未満の子供

●妊娠中・授乳中

という人には危険です。

 

ロキソプロフェンが含まれている

市販薬を紹介します。

 

ロキソニンS

●12錠で700円

●1回1錠

●1回分は58円

 

ロキソニンSプラス

●12錠で754円

●1回1錠

●1回分は62円

 

ロキソニンSと比べて

胃への負担が軽減されています。

 

ロキソニンSプレミアム

●12錠で754円

●1回2錠

●1回分は125円

 

ロキソニンSプレミアムは

24錠でも販売されていて

こちらは1274円(1回106円)です。

 

ロキソニンSシリーズの中で

最も鎮痛効果が高いです。

イブプロフェン

イブプロフェンは比較的

副作用が少ないです。

 

しかし、15歳未満の子供や

妊娠中・授乳中の人は

控えたほうがいいです。

 

イブプロフェンが含まれている

市販薬を紹介します。

 

イブA錠

●24錠で810円

●1回2錠

●1回分は67円

服用間隔が4時間以上必要

1日3回が限度

 

容量は他にも

36錠で1188円(1回66円)

48錠で1404円(1回58円)

60錠で1728円(1回57円)

で販売されています。

 

イブA錠EX

●20錠で645円

●1回2錠

●1回分は64円

服用間隔が6時間以上必要

1日2回が限度

 

容量は他にも

40錠で1058円(1回52円)

で販売されています。

 

イブA錠に比べて

痛み止めの成分が多く含まれています。

 

イブクイック頭痛薬

●20錠で1296円

●1回2錠

●1回分は129円

服用間隔が4時間以上必要

1日3回が限度

 

容量は他にも

40錠で2052円(1回102円)

で販売されています。

 

イブA錠に酸化マグネシウム

配合されています。

 

早く効いて、胃にやさしくなっています。

 

イブクイック頭痛薬DX

●10錠で645円

●1回2錠

●1回分は129円

服用間隔が6時間以上必要

1日2回が限度

 

容量は他にも

20錠で1166円(1回116円)

40錠で1814円(1回90円)

で販売されています。

 

イブクイック頭痛薬と比べて

痛み止めの成分が多く含まれています。

 

ナロンエース

●16錠で1036円

●1回2錠

●1回分は129円

 

容量は他にも

24錠で1447円(1回120円)

40錠で1922円(1回96円)

56錠で2484円(1回88円)

80錠で3024円(1回75円)

で販売されています。

 

ナロンエースR

●16錠で798円

●1回2錠

●1回分は99円

 

容量は他にも

32錠で1380円(1回86円)

で販売されています。

 

ナロンエースと比べて

効き目が出るのが速く、

胃への負担が少ない。

アスピリン

ロキソプロフェンや

イブプロフェンと比べると

効き目が弱いですが、

胃への負担が少ないです。

 

しかし、15歳未満の子供や

妊娠中・授乳中の人は

控えたほうがいいです。

 

アスピリンが含まれている

市販薬を紹介します。

 

バファリンA

●10錠で432円

●1回2錠

●1回分は86円

 

容量は他にも

20錠で702円(1回70円)

40錠で1252円(1回62円)

60錠で1749円(1回58円)

80錠で2235円(1回55円)

で販売されています。

アセトアミノフェン

他の成分と比べると

鎮痛効果が弱く、

胃への負担が少ないです。

 

身体にやさしい成分なので

15歳未満の子供でも飲むことが出来ます。

 

しかし、妊娠中や授乳中の人は

薬剤師と相談して、

慎重に選んだ方が安全です。

 

アセトアミノフェンが含まれている

市販薬を紹介します。

 

ノーシン

●8包で410円

●1回1包

●1回分は51円

 

容量は他にも

20包で842円(1回42円)

40包で1598円(1回39円)

80包で2938円(1回36円)

100包で3348円(1回33円)

で販売されています。

 

成分がすぐに溶けるので、速く効きます。

 

ノーシン錠

●16錠で540円

●1回2錠

●1回分は67円

 

容量は他にも

32錠で1026円(1回64円)

64錠で1944円(1回60円)

で販売されています。

偏頭痛の市販薬が効かない時はどうすればいい?

市販薬が効かない人もいれば、

初めは効いてたけど、

効かなくなってきたという人もいます。

 

上記で説明したように

偏頭痛の市販薬には

4つの成分があります。

 

人によって効く・効かないの

個人差があるので、

別の成分の市販薬を飲む

効果があるかもしれません。

 

別の成分の市販薬を飲んでも

効かない場合はサプリメントで

頭痛自体を予防する方法があります。

 

サプリメントというと

不安に思うかもしれませんが、

東証一部上場企業の販売なので

安心できます。

 

頭痛予防のサプリメントについては

こちらの記事にまとめています。

ずきしらずの実の成分は効かない?通販購入後の解約方法は?

 

市販薬が効かない人が試して

悩みが解消した人もいるので、

あなたの偏頭痛も良くなるといいですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)