タマゴサミンが効かないのは飲み方に原因あり?副作用の危険は?

282100

思うように動かなくなった身体を

サポートしてくれるサプリメントの

タマゴサミンがテレビCMやラジオで

宣伝されていますが、

効果があるのか気になりますよね?

 

サプリメントは相性があり、

人によって効く場合と

効かない場合がありますが、

飲み方に原因があることもあるので、

正しい飲み方を知っておきましょう。

 

気になる副作用の危険についてもまとめています。

タマゴサミンの飲み方を間違うと効かない?

タマゴサミンの飲み方を

1つずつチェックしていきましょう。

 

1日に3粒

タマゴサミンは販売者が

1日3粒が適量だと言っているので、

必ず守りましょう。

 

サプリメントは

計算されて作ってあるので、

過剰摂取は危険です。

 

水で飲む

お茶やコーヒーで飲むと

タンニンやカフェインなどの成分が

サプリメントの成分と

混ざってしまうかもしれません。

 

成分が混ざると、効果が

無くなってしまう可能性があるので、

成分が混ざらない水で飲むほうが

十分な効果が期待できます。

 

冷たすぎる水はNG

水が冷たすぎると、胃腸を

冷やしてしまうかもしれないので、

水の温度には気をつけてください。

 

飲む時間を変えてみる

タマゴサミンが効かない!

と感じたら飲む時間を

変えてみてはどうでしょうか?

 

一度に飲む量を変える

一度に3粒飲むのではなく、

2回や3回に分けて飲んだほうが

効率よく吸収できるかもしれません。

副作用の危険はあるの?

タマゴサミンは薬ではなくて

健康食品なので

副作用の危険はありません。

 

ただ、たまご・カニ・エビの

アレルギーのある人は

飲まない方がいいです。

 

他にも鶏やゼラチンが

含まれているので、

アレルギーに気をつけてください。

まとめ

タマゴサミンの飲み方が違うことで、

効く・効かないの差が

出るかもしれないので、

効果的な飲み方をしないと

損をしてしまいます。

 

気持ちよく身体が動いて

快適な生活ができるようになるといいですね。

 

●階段の昇り降り

●ウォーキング

●ボーリング

●ゴルフ

など身体が動くと

楽しいことがいっぱいありますからね。

タマゴサミン公式サイト

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)